スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
♪季刊ゴーシュ編集委員会からのお知らせ
 2010年12月(第24号)で休刊した北海道発のクラシック音楽マガジン「季刊ゴーシュ」をご愛読いただいていたみなさま、そして、このホームページの「演奏会ナビ」をご利用いただいていたみなさまに、ご報告します。
 季刊ゴーシュが第24号で休刊して以来、多くの方々から「残念だ」「いつか復刊を」などと温かい励ましの言葉をいただきました。私たち編集委員会は、そのようなみなさまの言葉を糧として、休刊からおよそ1年にわたって復刊を模索してきました。
 しかし、結果的には復刊には至らず、編集委員会としての活動を終えることになりました。
 組織的にも資金的にも裏付けのない私たちが、2005年3月の創刊から6年間にわたって活動を続けることができたのは、購読していただいたみなさま、スポンサーになっていただいたみなさま、音楽活動をされているみなさま、そして私たちの活動に意義を見いだし、叱咤激励してくださったみなさまのおかげであることを、あらためてかみしめています。
 季刊ゴーシュホームページ「ゴーシュの広場」はこれをもって閉鎖いたします。演奏会ナビについても、今後は新たな演奏会の受け付けは行わず、現在登録されている最終の演奏会(2012年1月29日)が終わり次第、閉鎖することにさせていただきます。
 最後になりますが、ゴーシュ創刊当時に私たちが掲げた「北海道の音楽文化を豊かに発展させるには、批評の“拠点”と、多くの人たちと音楽の喜びを分かち合う“広場”が不可欠だと私たちは考えます。」という言葉の意義は、いささかも揺るいでいないと思います。いつかまた、このような媒体が登場することを、私たちも心待ちにしています。

                     季刊ゴーシュ編集委員会一同

スポンサーサイト
編集委員会 | 23:59:12 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。